- not same, but equal.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【漫画】夏目友人帳 | main | 【雑記】やっぱり東洋美が好き >>
【更新】画像を変更しました
サイトで使用している写真を和風系に差し替えてみました。差し替えるだけなのにどうしてこんなに苦労するのか…素材作りってホント体力奪われます。orz。たのしいんだけどね!!気が向くまで絶対やらないっていうね!(そして一度気が向くと睡眠時間を削ってまで作り続けるという…)
気に入ってるのはこのブログにも使ってる浴衣の足下の写真。京都旅行時の友人の影を拝借しました。浴衣に下駄に日傘の影って風流ですよねー!(写真自体の出来はともかく足下を狙ってシャッターを切りまくる激しく怪しい女だったのはいうまでもありません…)(下目線のアングルが好きなので一歩間違えたら真剣に変質者になりかねない)(涙)
朝顔のカーテンはだいぶ枯れちゃってますが金沢の21世紀美術館のものです。で、明かりがいっぱいのがこの間の奈良・燈花会の写真。水と紅葉の写真と、濡れ椿の写真は去年12月の嵯峨・嵐山です。めずらしく地元以外の写真ばかりになりました。


わりと夏っぽい写真が多いので、この冬にはまた入れ替えを行いたいです(フラッシュを一から作り直す体力が…)。あー去年も一昨年もできなかった旅行をしたい!文豪が血吐いて死んでそうなすごい古い鄙びた旅館に、雪の季節に一人で行って1週間くらい引きこもりたいー!!!(確実に自殺志願者に間違われます)


あ、そういえばようやくオンリイベント申し込みました!さあ背水の陣敷いたぞ!本書かくぞー!!!(気合)


…あっ、秋の情報処理試験申し込むの忘れた…(あおざめ)
スポンサーサイト
こんにちは!!
TOPで画像が変わってて嬉しかったので、思わずコメントしちゃいましたvv

綺麗です〜っ!!さきさんがお撮りになられたんですね。
前の写真でもそうだったんですが、今回の「瞼の裏の記憶たちへ。」っていうの見てかなり泣きそうになりました!!!(危ない人だ・・)笑

いや私、さきさんのセンス素敵だなっていつも思うんですよー(何を偉そうに)
しょっぱな楊太の小説でぼろ泣きし、初音ミクのメルトやらのオススメ聞いてはまったりと、ほんと色々です。(プリズンホテル今日図書館で見つけて借りてきたんですが、あれ「夏」が最初なんですね、
何の迷いも無く「春」借りてきちゃいましたー(号泣)明日もっかい行って来よう・・。

最近お忙しそうで大変でしょうが、お体に気をつけてくださいー!
これからも楽しみにしていますvv

(あ、名前の読みは、さきさん当たってらっしゃいます。みんといいます。)
明 | 2008/08/23 02:05
朝顔がすごくきれいで思わず書き込み 少し枯れかけたのが夏を感じさせます
さきさんはどんどん写真上手くなりますね。

せっかくお勧めしてもらってたので、陽だまりの樹を途中まで借りたんですが
けっこう後期の作品だから?なのか、すごい緊張感でぐいぐい読み進んでしまいます。
でも一巻の解説で盛大なネタバレがあって(解説者許さん)最後読むのが怖いです…
ちなみに、女性キャラの中では、なんでかちょっと憎たらしいのにおつねが好きみたいです。
さきさんは如何ですか?あとオンリー期待してますよー!
下田 | 2008/08/24 01:41
★明さん
みんさんこんばんは!(読み方合ってて嬉しかったですv)本当にいつもコメントありがとうございます…!恐悦至極です(><)
はい、和物はまりが高じて総入れ替えしてみました!自分が撮りためた写真の中から、特に和っぽいものをセレクトしてみました。綺麗と言って頂けてとてもとても嬉しいです(*>_<*)ほんと撮影に関しては素人もいいとこなんですが、自分のサイトは全部自分でつくってるんだぜ!というどうでもいい満足感を得るためにすべて一人でがんばってます(笑)(無駄な凝り性が…)
キャッチコピーは散々あーでもないこーでもないと悩みぬいた末にひねりだしたもので、一文で明快かつ想いのこもっている、印象に残る言葉をつくるってめちゃくちゃ難しいんだなあ…とつくづく実感致しました。それでも、明さんに少しでも何か伝わるところがあったのなら、言葉をつかう人の末席を汚す身としてはこれ以上幸せなことはございません。本当に本当にうれしい言葉をいくつもありがとうございます!
プリズンホテル、あわわわちゃんと夏が一巻って書いておけばよかったですね!(><。)お手間をおかけして申し訳ありません…!単純におもしろーい!という感じの話なので、肩の力を抜いて楽しんで頂ければと思います*(浅田次郎のまわしものかおまえは)
忙しいのはもう少しで切り抜けるので、気合い入れてがんばります!やさしいお言葉をありがとうございました!

★下田さん
お久しぶりです!先日はお忙しい中お話していただき本当にありがとうございましたー!!(深々)今もってあの日はしあわせだったなあ…と反芻してしまうこと多々です(><)(普段ほんと隠れなんで…)(会社ではがれんの話が出た時にえーそれってなんですか?って反応したときはさすがにやりすぎたとじぶんに引いたりしました…)
朝顔の写真、褒めて頂けてとてもとてもうれしいです(T▽T)枯れかけた夏の花って情緒ありますよね。芙蓉にせよ向日葵にせよ、夏の花の散り際は、何かが終っていくということを強く想起させるような気がしていて。撮影の腕はさっぱりもいいところなんですが(なきわらい)、自分が、どういうものを撮りたいのかということが徐々にわかってきたなあという次第です。もー褒められるとそれは嬉しくて舞い上がってしまうのですが!(笑)(単純)
そして陽だまりの樹読まれているんですねー!!!すごいですよね、すごい面白いですよね!!!!(にぎりこぶし)私はちょうオーソドックスにお紺が大好きすぎて仕方なしですが…万二郎の母上もかなりポイント高しです(渋い)。手塚の後期は重い作品が多いのですが、その分魂への訴求力がものすごく強くてひき込まれてしまいますよね〜!!(ああ…語りだしたよこのこ…)
おんりー!(なみだ)がんばります!!!くそう下田さんもでればいいのにー!!(T□T)(仲間を増やしたいひと)
さき | 2008/08/24 04:32
こんばんは。
写真が更新されていて、とても素敵だと思ってコメントさせていただきました。
さきさまの写真はどれも美しくて、それに加えて静謐と憧憬と暖かさが感じられてとても好きです。
(私が勝手に抱いてる)さきさまの小説のイメージと同じです。
私は濡れている椿の写真が特にお気に入りです。
濡れて光る葉と、これから開こうとしている赤い花弁の静かさが美しくて…
紅葉も綺麗ですね。
秋の嵐山は紅葉が綺麗で、近くにいるためたまに行きますがその綺麗さを写真に残そうとしてもうまくできず(それはツールが携帯だからというのもありますが)、
撮る人が撮ればこんな風に表現できるんだなぁと才能の違いを感じております。

あと、オンリーに申し込まれたとのこと。
サークルカット決まったんですね。
さきさまのお話を楽しみに関西から行く予定です。
がんばってくださいね!
やなぎ | 2008/08/24 05:10
★やなぎさん
こんばんは!度々のコメント本当にありがとうございます!とてもとてもうれしいです(><)写真の更新とか、「おいおいあんたそれが本業じゃないだろ」っていう感じなのに(痛)わざわざお言葉を頂けて本当に感謝の念に堪えません…!
そして何かとても美しい褒め方をして頂いてしまって…!!!(震撼)うう、大変に恐縮です。しかしなんというか、やなぎさんの挙げてくださったことばが本当に私の表現したいことの的を得ていて、もう転がるほどに幸せです。文章・写真とも、思想の根幹は同じ部分にあると思うので、それらを感じ取って頂けたのなら、表現者のはしくれとしてこれ以上に幸福なことはありません。濡れ椿の写真を好いて下さっているとのお気持ち、嬉しく頂戴致しております。花が開く前の頑なで静かな美しさって、素敵ですよね。紅葉はでも、同じ被写体を10枚以上いろんな構図で撮った中で、まあ見れるのを採用してるだけなんですよー!!!焦点深度とかピントの合わせ方とかはまだまだ全然わかってないので、これからもっとたくさん撮らなきゃなあという感じです(><)
オンリー、わ、わざわざ関西から来て頂けるんですかー!(ちへど)が、がんばります、ほんとうにがんばります…!(T□T)応援ありがとうございます!
さき | 2008/08/25 00:12
久しぶりです。
今までコメントを書き込んだことはあったかな、なかったかな。

写真、ぞくぞくしたよ。
いつも光がきれい。
文章もそんな感じ。

癒されて。
そして。
いい刺激を受けます。



rio | 2008/08/25 16:37
りおちゃんー!!コメント、コメント本当にありがとう!!!(T▽T)めちゃめちゃ嬉しいよー!
そうなのよね。朝顔の写真はあの日の21世紀美術館です。写真を見直してみて、こんなに鮮やかな空だったんだな、と今更ながら思います。今年の旅行も、またみんなで思い出を刻めるってことがほんとに幸せです(><)
現役美大生に褒めてもらっちゃえるとなんかもうごろごろ転がるくらい恥ずかし嬉しいのですが!!!///なんかほんと、このサイトは完全に黒い上に好き勝手やってるだけなのにこうして見てもらえてとてもとても嬉しいです(><)
また近々お会いできることを楽しみにしておりますv
さき | 2008/08/26 23:00
COMMENT









Trackback URL
http://noonmoon.jugem.jp/trackback/318
TRACKBACK