- not same, but equal.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【カフェ記】ON THE CORNER
渋谷に7月末に出来たお洒落で使い勝手のよいカフェ。
ごはんがしっかり食べられて、ひとりでも気楽に入れて、わりかし回転はやくて、コーヒーもお酒も豊富。店員さんも感じがよい。
店内中央におっきく主張するまるい時計が魅力的。まるで海外の駅にいるみたいな気分にさせてくれます。
場所も渋谷の喧噪からはほどよく離れており、かつ駅にも近く、便利。とにかく「便利」の一言につきるカフェ。マイナスポイントは、あえていえば分煙なしってことぐらいかなあ。私は気にならないんですが。
何にせよここまで揃ったカフェはなかなかないかも。相当リピートしそうです。

取り急ぎカフェ記まで。
もっとカフェ部活動したいなー!(><)

【カフェ記】cafe Liverte(表参道)
道に迷って適当に入ったところ。位置的にはキャットストリート?の裏、国道から一本入ったところ。やばいこの説明でたどり着ける気はまったくしない。
何だかアバンギャルドなビルがどーんと建っており、その3階にひっそりとある。渋谷ど真ん中というロケーションなのに何故か人が少なく、するっと入れた。
じめじめとした暑い日だったので、イチゴミルクシェイクを注文。価格はあんまり可愛くないけどシェイクはがっつり、苺の自然な甘味と氷とほのかなミルク、余分なものなしでとても美味しい。
テラスの緑は勢いがよい。彼らにはこの湿気も暑さも大歓迎なのかも。
向かいのグラスの中でとけかけの氷がからりと回って涼しい。ハニーレモネードははちみつが濃いめ。

今年はかたつむりを見ていない。
【カフェ記】鎌倉・ミルクホール
ここ一ヶ月ほど「野菜一日これ一本」を愛飲しています。
はまると長々同じ商品を愛するタイプです(※保守派)。決してAKB48のファンとかではないです。特設サイトを見ているとかわいーなー…とは思いますが。アイドルってほんと「ザ・女の子」なんですね。意味わかんないよ。どうやったらあんなかわいい子になれるのか知りたいわ。遺伝子かな…(打つ手なし)

さて昨日おとずれたカフェの話。
昨日は私の好きなカフェ「ミルクホール」に寄りました。小町通りから一本入った路地裏にたたずむ歴史ある名店。カフヱという表記が似合うような。
昼でも薄暗い店内はアンティーク店を併設していたとあって非常にいい味を出した空間。軽井沢における茜屋珈琲店のようというのですか、とにかくいつまでもそこにあってほしいタイプのお店です。
現在のお店は7/4に一度閉店し、改装して年末に再オープンするのだとか。受け継がれてきた歴史を非常に大切にしているお店なので特に心配はしておりません。また新しい装いのお店へ伺える日を楽しみにするばかりです。

カフェ帳が徐々に埋まってきております。
ちゃんと訪問記つけておかないとなあ。
【カフェ】自由が丘めぐり
相方が髪を切るというので自由が丘についてゆきました。
自由が丘に行ったのは生まれて初めて?のような気がします。sakusakuでは「自由が丘はすげー自由だからさ」「自由すぎて全裸の男性とかいるから」と白井ヴィンセントが言っていましたが(すごいローカルネタですみません)、そんなことはありませんでした。あたりまえだ。
ということで美容院まちの前にふたりでカフェ巡り。道がわからないのですべて相手まかせ(ひどい)楽ちんでよいです。

一軒目はカフェ雑誌各誌で評価の高い「cafe イカニカ」へ。駅からめっちゃ遠くて途中で暑くてしぬかと思いましたが(とろける)、お店のすごく素敵な表玄関が暑さにうだっていたわたしたちを迎えてくれました。
シンプル/ナチュラル志向のカフェ。オーナーさん夫妻がとてもゆったりとお店をされているので、ゆったりしたその空気にひたりにいく感じ。フードも甘味も身体にやさしいものばかり。時間がゆるやかに流れていきます。通り抜ける風が心地よく、いただいたカレーも美味しかったです。カレーにごぼうって合うんだなあという発見。薄暗さもあいまってふぁーっと眠くなる、よいお店でした。

つづいて自由が丘の駅からは5分ちょい歩く「las luces」に行ってきました。
内装も雰囲気も調度品も何もかもが素晴らしい。
何よりもケーキがすばらしい!!!!
もう、こんな感動するくらい美味しいケーキ久しぶりに食べました。あああ今カメラが手元にないのが悔しすぎる写真撮ったのにいいいいいい!!!!!!
お店もサンルームあったり調度品がアンティークだったりセンス良く小物が飾られていたりドライフラワーがわさわさあったりで本当に趣味の良い空間となっています。やばいわー。通勤経路にあったら間違いなく行き着けだわー。自由が丘の名にふさわしい美しいカフェ。本当に心からオススメです。店員さんの対応も気持ち良かったです。はなまる。
実はキッシュがとっても美味しいそうで、次回訪問時はキッシュ狙いで行こうと思っています。


いいお店に出会えてほくほくな週末でした。
自由が丘は他にも良いカフェあるそうで、次回の美容院にもついていこうかなと画策中です。


【カフェ】銀座の裏通りにて
久しぶりに大当たりを引きました。
とっても小さいハコですがカップの趣味といいお店の雰囲気といい店員さんといい選曲といい全てが素晴らしい!うわああんユイット以来だようこんな佳いお店!!(T□T)
閉店時間が少し早いのが難点ですが工夫すれば会社帰りにも寄れるかも。独りの時間を愉しむための場所がようやく見つかったという気持ちです。
銀六珈琲「時・・」。銀座にお越しの際は是非どうぞ。落ち着いた時間を過ごせる方とか、さもなければお一人での訪問を強く強く勧めます。きゃぴきゃぴ喋ったりできない場所ですのでね。


ところで東京事変のツアー初日チケットがようやく届きました。場所は1階7列目舞台袖直ヨコ。舞台中央は見づらいかもですがなかなかの良席です。端まで林檎ちゃん来てくれたらすぐ目の前だもの!!あああ林檎ちゃん端まで歩いてきてくれますように!というか当日仕事絶対定時で上がれますように!!!!(T□T)
 
【雑談】良き夜の
さむーーーーい一日でしたね。
しかしながらここ2ヶ月ぶりくらいに19時退社とかできたので非常に幸せでした本日。
その上気になってたカフェにも行けて、美味しいもの食べて、アマレットジンジャー飲んで(最近の自分内流行)、帰りにスタバでラテ飲んで。あーーーーーー幸せだ。ほんと平日こんなゆっくりして許されるのだろうか!!!(T▽T)<仕事で病み気味な人の発言

ちなみに行ったカフェは新宿・マルイアネックス館の「ブルックリンパーラー」。すごいゆったりした空間で色んな座席にタイプがあり、ダイニングカフェバーといった感じです。古本が多く雰囲気も良く適度に気の抜けたお洒落加減で、ファッションビルに入ってるカフェの中ではかなり秀逸な方ではないでしょうか。アクセスもいいしそこそこ遅くまでやってるし。ワインリストが結構豊富だったので、ワイン好きお酒好きの方で平日さくっと飲みたい方にはオススメです!(下戸のくせにチェックだけはこまかい)

春になるとそぞろ歩きしたくなる心もち。
カフェムルソーに行きたいですー。隅田川眺めながらがっつりサンドを食したい…(食べ物のはなしばっか)
ありがとう



ユイット、閉店。
人生の岐路を象徴するような出来事でした。


この写真は、エレベーターを出てすぐのエントランスの写真です。
扉の奥のお店の佇まいは、もう私の記憶の中にしかありません。
たくさんの方が写真を撮っていましたが、私にはこれ以上の景色を切り取ることができませんでした。


「人はなぜ写真を撮るのだろう。
 まるで生き急ぐように、一瞬一瞬を過去のものに置き換えて。」


終生忘れられない言葉です。
あまりの喪失の大きさに、帰りのエレベーターの中で堪えきれずに泣きました。




大好きな場所でした。
新宿の雑踏の中にあって、奇跡のような場所でした。
店員さんもお店のオブジェひとつひとつも、溢れかえるような本も、全てが大好きでした。



私の青年時代に寄り添ってくれて本当にありがとう。
大好きでした。

 
うまく言葉にならない
カフェユイットが6/28で閉店してしまう。
ユイットだけではなく、トップスビル全体が閉館とのこと。


知ったのは昨日。
衝撃が大きすぎて、とにかく行かなくちゃと思って今日ニイナと待ち合わせして定時後に駆けつけた。
あの大きすぎるカップのカフェオレを前に沈黙。
やはり言葉にならない。


賑やかに喋っていた女性二人組のお客さんが、
ふと、無言になって、
お店を見渡していたのを見ていて、
ああ、と思った。


「旧き良きもの」が去ってゆく。
過渡期であると、その重い事実が目の前に見えている。




いつもつけているカフェ訪問帳のユイットのページに、
わたしは「出会えたことを幸福に思える大好きな場所」と書いていた。
心から今そう感じる、出会えたことを幸福に思える大好きな場所だ、と。




喪失の只中だと言葉が出てこない、ものなんだなあ。
ただただ残念でならない。


【カフェ記】CAFE MEURSAULT
そういえば昨日、「今日は誰に会うん?」と母に訊かれたので答えた。以下親子会話。
私「えっとねえネットで仲良くなった子。前も会ってる雑貨屋さんの店長さん。」
母「ああ、前に言ってたねー。どんな感じの子なん?」
私「なんかYUKIちゃんみたいに可愛いんよ」
母「(一拍)ああ、白やぎのユキちゃん?


母ー!!!!


こんばんは、さきです。母が愉快すぎて困ります。こういう家庭環境だとツッコミに育たざるを得ない。
念のため、こうださんがYUKIちゃんみたいに可愛いというところは真実です。歌手のほうね、歌手。白やぎのユキちゃんもそら可愛いけどね。あのね母。


さて、昨日浅草にて寄ったカフェの感想をちらっと。
銀座線浅草駅から徒歩3分、隅田川沿いの「CAFE MEURSAULT(カフェムルソー)」に行ってきました。





こんな雰囲気のある立看板が立っています。
2階・3階がカフェ、地下1階がケーキ屋さんとなっています。今ある流行りのカフェという感じではなく、ユイット的な雰囲気のあるお店。
ブランチセットは若干値は張るけれども、メインディッシュにサラダにスープにコーヒー紅茶にデザート付と、しっかりと食べられます。チョコレートケーキめっちゃ美味しかった。さすがケーキ屋を併設しているだけはある。
そして何より、ロケーションが最高でした。





こんな感じ。晴れた日の昼下がり、隅田川をゆく水上バスや貨物船を眺めながら心ゆくまでのんびりとできます。あー最高に気持ち良かった…(惚)
実は会社最寄り駅から15分くらいで着くんですよね、浅草。もうちょっといい季節になったら対岸のネオン目当てに夜利用もしてみたいところです。



最近オタクなエントリが続いたのでたまには真っ当な話をしてみました。
うん、最近のエントリは本当に酷かった…(遠い目)じぶん本当、もうちょっと性根を普通レベルに引き上げられないもんなのかな…(せめて某k嬢レベルくらいまでもってきたい…)(無理だよ、オタクの素地が違うんだから)(涙)
【カフェ】懐かしい町のレトロな喫茶店
あまりにも琴線に触れるタイトル&本の装丁の美しさに価格にも負けず購入。
レトロって言葉にほんと弱いわ私。


全国津々浦々のレトロな喫茶店を全Pフルカラーで紹介している本。
マイナー地区の喫茶店ばかり掲載されてるので簡単には行けないのですが、「ああ、この町にはこんないい喫茶店があるんだなあ」と想像しながら豊かな気持ちになれます。帯に「一杯のコーヒーのために、旅に出る」とあるのですが、まあ正直そんなリッチモンドな給料じゃないよ!(T□T)しかも不況だよ!!(T□T)と思いつつも、空想旅行だけは存分に楽しませてもらえる本でした。
………いや、でも栃木あたりなら日帰りで行けるかも…(おいおい)


最近は「カフェ」よりも「喫茶店」「カフヱー」的なお店に惹かれております。多くの人に愛されて年数を経たお店はやはり雰囲気が良い。土壌に根ざしているという感が致します。「カフェ」はやっぱりはやりもので、若い人だけのものって感じがしてしまうのが苦手なのかも。あなたは何歳ですか。


とりあえず東京でのナンバーワンはなんといっても「cafeユイット」で。ここは本当に素晴らしすぎ。
久しぶりに喫茶部始動しようかな。
(※喫茶部=会社帰りにカフェ・喫茶店に寄る活動)(※部員ひとり)(涙)